冷え性、肩凝りなどの個人のお悩みに合わせたレシピを紹介。
今日の予定に合わせて健康レシピをご紹介します。

カリフラワーのいため物

  • 1人分
  • カリフラワー 60g
  • にんじん 10g
  • ゆで竹の子 15g
  • 生しいたけ 10g(1枚)
  • さやえんどう 15g(7枚)
  • しょうが 少量
  • サラダ油 小さじ3/4
  • 醤油 小さじ1/3
  • 塩 少量(0.5g)
  • みりん 小さじ1/3
  • だし 大さじ4
  • かたくり粉 小さじ1/6(0.5g)

【作り方】

  • カリフラワーは小房に切り、かためにゆでる。
  • にんじんは3cm長さの短冊切りにする。
  • 竹の子は縦半分に切り、薄く切る。
  • 生しいたけは軸を除き、そぎ切りにする。
  • さやえんどうは筋を除き、沸騰湯でゆで、斜めに半分に切る。
  • しょうがはせん切りにする。
  • フライパンにサラダ油を熱し、しょうがをいため、香りが出たら、にんじん、竹の子、しいたけ、カリフラワーの順に加えていためる。
  • 調味料とだしを混ぜて7に加え、しばらく煮る。さやえんどうと水少量でといたかたくり粉を加え、ひと混ぜする。

⇒「何となく疲れている時」の食材へ
⇒健康レシピ トップへ

カリフラワーのサラダ

  • 4人分
  • カリフラワー(大) 1個
  • ティーマヨネーズ
  •  マヨネーズ 1/2カップ
  •  牛乳 大さじ1
  •  粉末茶 小さじ1
  • サラダ菜・ゆで卵・食用茶 各適量
  • 塩・こしょう 少々

【作り方】

  • リフラワーはきれいに洗って塩、小麦粉少々(材料外)を加えた中で、丸ごと色白く、ややかためにゆでる。取り出して、さっと水に通し、水分をきって小房に分ける。塩、こしょうしておく。
  • マヨネーズに牛乳と粉末茶(または粉茶)を混ぜ合わせ、カリフラワーにまぶす。
  • 器にサラダ菜を敷き、2を盛り、ゆで卵の裏ごししたものと、食用茶をふりかける。

⇒「何となく疲れている時」の食材へ
⇒健康レシピ トップへ

カリフラワーのピクルス

  • 4人分
  • カリフラワー 1個(200g)
  • にんじん 1/2本(50g)
  • 赤唐辛子 1本
  • つけ汁
  •  酢 大さじ2
  •  水 大さじ1
  •  砂糖 大さじ1
  •  塩 小さじ1/4
  • 塩、酢 各少々

【作り方】

  • カリフラワーは軸のほうから包丁を入れて小房に分け、塩、酢各少々を加えた熱湯で4〜5分ゆで、にんじんも薄い輪切りにして途中で加え、さっとゆでる。
  • ざるにあげて熱いうちに塩少々をふる。
  • 赤唐辛子は種を除いて小口切りにし、つけ汁の水、調味料と合わせ、カリフラワーとにんじんを漬け込む。

⇒「何となく疲れている時」の食材へ
⇒健康レシピ トップへ

カリフラワーの醤油マヨネーズ

  • 4人分
  • カリフラワー 1個(200g)
  • 塩 小さじ1/4
  • 酢 小さじ2
  • サラダ油 大さじ1
  • 生しいたけ 8枚
  • さやえんどう 30g
  • マヨネーズ 1/2カップ
  • 醤油 小さじ2
  • こしょう
  • サラダ油

【作り方】

  • カリフラワーはまわりの葉を切り落とし、軸を上にして塩水につけ、しばらくおく。
  • たっぷりの水(約10カップ)に塩小さじ2、酢少々、サラダ油大さじ2を加えて煮立て、カリフラワーを軸を上にして入れ、落としぶたをして中火で5〜6分ゆでる。
  • 軸に竹串をさしてみて、すーっと芯まで通ればざるにとり、軸のほうから小房に分けて、塩、酢、サラダ油をふりかけて下味をつけ、さます。
  • しいたけは軸を除き、サラダ油大さじ1で炒め、塩、こしょう少々、水大さじ1を加えてさっと煮る。
  • マヨネーズと醤油を混ぜ、カリフラワー、しいたけ、色よくさっとゆでたさやえんどうを和える。

⇒「何となく疲れている時」の食材へ
⇒健康レシピ トップへ