冷え性、肩凝りなどの個人のお悩みに合わせたレシピを紹介。
今日の予定に合わせて健康レシピをご紹介します。

せきがはげしい時の食材

せきが激しいと食事が充分にとれないので少量で栄養価の高く、口あたりがよく、消化のよいものをとりましょう。固形物や、逆に水っぽいものも喉を刺激しますので、ゼラチンで固めたものや茶碗蒸し、豆腐などが比較的食べやすい食品です。粘膜を丈夫にするビタミンA、抵抗力を強化するビタミンC、たんぱく質の多い食品をとりましょう。


のどごしのよいもの(ゼラチン、ポタージュ、豆腐、卵豆腐、藻くず煮)

食材を選択してください

⇒健康レシピ トップへ