冷え性、肩凝りなどの個人のお悩みに合わせたレシピを紹介。
今日の予定に合わせて健康レシピをご紹介します。

暑気あたりの時の食材

不快指数が上昇すると、ビタミンB1、B2の消耗が激しく、神経、筋肉ともに働きが鈍くなり疲労しやすくなります。これらを含む食品を努めてとるように心がけましょう。冷たいそうめんばかりでなく、おかずもとり、栄養バランスがとれた食事をとりましょう。体の抵抗力をつけるビタミンA、Cもとりましょう。食欲のない時は酸味やカレー粉などの香辛料をじょうずに使い、食欲を増進させましょう。


ビタミンB1の多い食品(豚肉、そば、大豆、玄米)ビタミンB2の多い食品(レバー、鯖、卵、かれい、牛乳)ビタミンAが多い食品(レバー、うなぎ蒲焼、ほうれん草、小松菜、モロヘイヤ)ビタミンCが多い食品(オレンジ、ブロッコリー、ピーマン、キウイフルーツ、小松菜)

食材を選択してください

⇒健康レシピ トップへ